シミが出来やすい人っているの?それって体質?改善するにはどうすれは?

シミは女性にとって肌の最大悩み。シミができてしまうと、実年齢よりも老けて見られてしまうので、コミュニケーションで不利になっている人も多いかと思います。

そんなシミを解消するために様々なシミ対策化粧品がたくさん販売されていますが、本当に効果があるのでしょうか

また、シミが出来やすい人の特徴はどのような人がいるのでしょうか?

この記事ではシミが出来やすい人の特徴をまとめていきます。

シミが出来やすい人の特徴は?

シミは出来やすい人とできにくい人がいます。では、あなたはシミが出来やすい要件に当てはますでしょうか?以下のチェックポイント確認してみてください。

調べていくとシミって人にとってできやすい人とできにくい人がいるんですってね。

生理血に塊ができる
生理痛が重い
あざができやすい
脂性肌
吹き出物やニキビが出来やすい


このようなことに当てはまる方はシミが出来やすいと言われています。

なぜ、シミにあざや生理が関係あるの?って思いますよね。

「皮膚は内蔵の塊」と昔から言われていることはご存知でしょうか?肌トラブルがある場合、肌だけのトラブルかと思われますが、実は内臓の問題でもあるんです。

肌荒れが一向に治らないあなたは、もしかすると肌の改善が必要なのではなく、もしかすると身体の内部の完全が必要なのかもしれませんね。

「肌荒れが治りにくい」最近感じたことありませんか?それは、肌のケアが必要ではないでしょうか。

シミが繰り返しできてしまう体質があった?


先程紹介した体質の他に、実はシミが出来やすい、シミが繰り返し出来てしまう体質がいます。

それが「瘀血体質」です。

瘀血体質とは、身体の血のめぐりが悪くなる症状で、身体の内部の老廃粒を体外へ排出できなくなる症状があります。血の巡りが悪いとターンオーバーも正常になりませんのでシミの改善にもよくありません。

瘀血体質はで血の巡りが悪くなる要因としては、毎日の生活習慣が重要です。瘀血体質にな原因を解説していきたいと思います。

ストレス
食生活
血の巡り
身体の冷え

これらの原因によりシミができやすくなってしまいますので、シミの予防と改善をするためにはこれらの原因を廃城する必要があります。

シミを改善するためにはピーリング?
シミを改善する方法としてはピーリングという方法があります。皮膚の表面を数ミリ削り、古い角質を剥がすという方法です。シミを改善させるためには、新しい皮膚を作り出す必要があります。ケミカルピーリングは薬剤により肌の表面をの古い角質を取り除きます。

しかし、ケミカルピーリングは角質をglobalsomatics.com強制的に取り除くわけですから肌にはかなりの負担になること間違いありません。

安全性を重視するのでしたらピーリングではなく、シミとり化粧品などの使用をオススメします。

関連記事

シミウスの副作用や白斑は大丈夫?全成分を調査!